楽天「格安5G」に乗り換えても大丈夫?技術に半信半疑の声

公開日: 更新日:

 楽天は30日、5G(第5世代通信規格)の料金プランを現行の4Gと同じデータ使い放題で月額2980円(税抜き)にすると発表し、早速サービスを開始した。

 携帯大手3社の5Gの料金プランは4G向けに500~1000円上乗せされ、総額は7650~8650円。楽天は6~7割安い。

 当面は首都圏など一部地域に限られるが、三木谷浩史会長兼社長はオンライン会見で「来年の夏にはほぼ全国の皆さんにサービスが提供できるかな」と語り、全国展開に自信を見せた。

■技術的には半信半疑

 格安プランを可能にするのは、通信網に安価な汎用機器やクラウドを使った「仮想化技術」を全面的に採用しているため。他社に比べて、設備投資を4割、ランニングコストを3割削減できるという。難易度の高い5Gなのにそんな低コストでうまくいくのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  6. 6

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  7. 7

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    NiziUに不協和音 ミイヒ休養に続きリマ父Zeebraに別居報道

もっと見る