松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

公開日: 更新日:

G・リセットを理解する

 前回の「ダボス会議のテーマ、グレート・リセット」の続きです。

 グレート・リセットとは全ての分野をリセットするということで前回、私たちに影響が大きい3分野のうち、①働き方・生き方の大変革について解説しましたが、今回は残りの2つを簡単に解説します。

 ②金融システムの大変革で各相場の激動があると思いますが、この激動に乗ることが大切です。

 以前からお伝えしているように「知識を得て準備している人に富が移動する」からです。

 グレート・リセットという言葉とセットになって、次の言葉が出てきたら危険だと思ってください。

「預金封鎖」「資産税」「ハイパーインフレ」「暗号資産(仮想通貨)」

 激動時には、これらの言葉で不安と恐れを与えて好ましくない金融商品などを売る動きが横行するからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る