「持ち合い」解消株が逆に値上がりするのはなぜ?

公開日: 更新日:

 一般的に「株式の持ち合い」の解消はネガティブなイメージがある。持ち合い関係の解消で大量の株式が市場へ放出されると、需給が緩み、株安になると考えられているからだ。

 ところが、実際は違う。パッシブ運用が増えているためだ。これは、TOPIXに代表される株価指数の構成比どおりに株式を買う運用法だが、そのせいで持ち合い解消銘柄が株高になる場合が多いのだ。どういうことなのかといえば、企業間で互いに保有している株式は、市場では取引できない株としてTOPIXなど株価指数の計算から除外されている。しかし、持ち合いの解消で株式が市場で売り出されることになると、株価指数の計算対象となる浮動株になる。浮動株が増えると、巨額な資金をパッシブ運用しているGPIFや運用会社、TOPIX型ETFの運用業者が、その企業の株式を買い増しに動くことになる。また持ち合い株を売った企業には、売却代金を原資にした増配の期待が働き、これも株高の材料になるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る