焦点は簿外債務…GPIFも保有「中国恒大」の破綻はバブル崩壊の引き金になるのか

公開日: 更新日:

 20日、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価の終値は614ドル安の3万3970.47ドルで引け、一時、下げ幅は970ドルを超えた。株式のほかにゴールド、ビットコインなども暴落し、祝日明けの翌21日、日経平均株価は660.34円安の2万98391円で終え、再び3万円台を割った。

<中国版リーマン・ショックはバブル崩壊の序章か>

「敬老の日」の暴落劇に、SNS上では日本の個人投資家の狼狽ぶりが散見された。1996年創業の中国不動産大手「中国恒大集団」の破綻が市場で懸念された模様だが、”チャイナショック”は起こるのか。

「8月に創業者の許家印氏が董事長(会長)を辞職してから、雲行きがさらに怪しくなりました。中国恒大は不動産価格の高騰を背景に借り入れを増やしていたものの、『共同富裕』を掲げる中国政府が庶民が購入できないほどバブル化した不動産価格の抑制や債務規模の制限に動き出したことで流動性危機に直面。金融機関やサプライヤーへの支払いほか、23日の2本の社債を含め、月内に3本の社債の利払い(170億円相当)期限を迎えるなど、資金繰りに行き詰まっている状況です。60億ドル(6600億円)ほどと言われる中国恒大の理財商品(高利回りの運用商品)に投資していた個人投資家が深センの中国恒大本社に殺到しました」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか