竹中平蔵がはじいた「五輪経済効果20兆円」の怪しさ

公開日:  更新日:

 2020年の東京五輪の経済波及効果について、またも新しい数字が出た。竹中平蔵慶大教授が所長を務める民間シンクタンク「都市戦略研究所」が6日に発表したもので、その額はナント、19兆4000億円。

 東京都は会場の建設費や運営費など、直接的な経済効果を3兆円と見積もっていたが、都市戦略研究所はこれに外国人観光客の増加や鉄道・道路の整備の前倒し、人々の気分が高揚して財布の紐(ひも)が緩むドリーム効果なるものまで加算、約20兆円の経済効果だけでなく、121万人の新たな雇用を生むとはじいた。

 五輪の経済効果といえば、日本総研が7兆~12兆円、第一生命経済研究所は21兆円と計算し、大和証券に至っては、国土強靭(きょうじん)化と合わせると総額150兆円という数字をぶち上げた。

 数がデカけりゃいいってもんじゃないだろうに、経済効果に詳しい関西大学大学院教授の宮本勝浩氏(理論経済学)はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る