キーマンは河野太郎…小泉純一郎の「自民乗っ取り」計画

公開日: 更新日:

 都知事選に勝った安倍自民は「小泉神話は終わった」と高笑いだが、認識が甘いのではないか。小泉純一郎元首相は「原発ゼロ」をまったく諦めていない。逆襲はこれからだ。

「小泉さんは、やる気マンマンですよ。表向きは否定していますが、今後も首長選などで脱原発候補の要請があれば、応援に出向くでしょう。都知事選の街宣車の中では、<次はオレも頑張らなきゃ>と言っていたそうですから、自分が立つ可能性だってある。自民党の中にも手を突っ込むと思います」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

 キーパーソンとされるのは、自民党きっての脱原発派、河野太郎衆院議員だ。変人同士で通じ合うものがあるのか、小泉は講演で河野太郎の名前を何度か出していた。河野から贈られたという、エイモリー・B・ロビンスの「新しい火の創造」という脱原発本も、よく引き合いに出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る