「みんな」は新代表、「維新」「結い」会談も 野党再編は障害だらけ

公開日:  更新日:

 野党再編が一気に進むのか。今後を占う上で、11日は象徴的なイベントが2つある。

 まず、みんなの党の代表選。辞任した渡辺喜美前代表の後任には、浅尾慶一郎幹事長が選出される見通しだが、自民スリ寄り路線から転換するのかどうか。

 もうひとつは、日本維新の会の石原慎太郎共同代表と、結いの党の江田憲司代表の会談だ。両党は政策協議を進めている。合流までいくかは、初めて顔を合わせる2人の“相性”が重要だが、現状は統一会派も組めるか微妙なところだ。維新の若手議員がこう言う。

「結いとの統一会派は執行役員会で勝手に決めたことで、党内の8割は反対しています。あまりに政策が違いすぎるからです。これまでも、私たちは賛成しても向こうは反対という政策が多かった。例えば、わが党が賛成する集団的自衛権の行使で、結いが歩み寄れるのか。一緒になって、両党の政策がブレたら、お互いますます支持を失ってしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る