維新“学級崩壊” 石原共同代表に「党から出て行け」大合唱

公開日:  更新日:

 6日、日本維新の会の「エネルギー調査会」の初会合が開かれたが、さながら“学級崩壊”の様相だった。

 調査会とは名ばかりで、石原慎太郎共同代表(81)の独演会。維新の会は先の衆院選で「2030年代までに(原発は)フェードアウト」の公約を掲げた。つまり、“脱原発”が党是なのに、石原は、1時間の会合のうち実に50分間も、こんなふうに原発の必要性をしゃべり続けた。
<原子力は中世の火薬、印刷、大航海技術に匹敵する画期的な発明><文明工学の原理からいって原子力を支持します><脱原発は粗雑で野蛮な判断だ>

 出席議員の大半はウンザリした様子で、うつむきながら、LINEやメールをカチャカチャ。ところが、終盤、石原がトルコとUAEに原発輸出を可能にする「原子力協定」について、党の方針に従わず賛成する考えを表明すると雰囲気が一変した。大阪15区選出の1期生・浦野靖人衆院議員がスックと立ち上がり、「(党を)出ていったらよろしいですやん!」と吠え、「そうだ」の大合唱となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る