日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

維新“学級崩壊” 石原共同代表に「党から出て行け」大合唱

 6日、日本維新の会の「エネルギー調査会」の初会合が開かれたが、さながら“学級崩壊”の様相だった。

 調査会とは名ばかりで、石原慎太郎共同代表(81)の独演会。維新の会は先の衆院選で「2030年代までに(原発は)フェードアウト」の公約を掲げた。つまり、“脱原発”が党是なのに、石原は、1時間の会合のうち実に50分間も、こんなふうに原発の必要性をしゃべり続けた。
<原子力は中世の火薬、印刷、大航海技術に匹敵する画期的な発明><文明工学の原理からいって原子力を支持します><脱原発は粗雑で野蛮な判断だ>

 出席議員の大半はウンザリした様子で、うつむきながら、LINEやメールをカチャカチャ。ところが、終盤、石原がトルコとUAEに原発輸出を可能にする「原子力協定」について、党の方針に従わず賛成する考えを表明すると雰囲気が一変した。大阪15区選出の1期生・浦野靖人衆院議員がスックと立ち上がり、「(党を)出ていったらよろしいですやん!」と吠え、「そうだ」の大合唱となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事