専用機にリニア…オバマに「土産1兆円」も日米関係修復不可

公開日: 更新日:

 オバマ米大統領が23日に来日したが、「国賓」とは名ばかりの駆け足訪問。それでも安倍首相が「強固な日米同盟」という体裁を取り繕うため、米国側に差し出す“お土産代”は途方もない金額に上る。

 安倍が露骨に尻尾を振ってみせたのが、次期政府専用機の選定だ。

 現在の専用機(ボーイング747)は運航開始から20年以上が経ち、4年後の退役が決定。後継機の選定をめぐって、米ボーイング社とライバルの欧州エアバス社が火花を散らしてきたが、安倍政権はボーイングの大型機「777」を導入する方向で最終調整していると先日、一部メディアが報じた。

 選定理由が振るっていて、「強固な日米同盟関係を象徴する意味合いから、米国製が望ましい」と判断したという。政府は予備機を含めた2機分の購入費として今年度から5年間で計1355億円の予算を計上。これだけの税金が「強固な日米同盟」のため、ソックリ米国側に渡るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  4. 4

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  5. 5

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  6. 6

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  7. 7

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  8. 8

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る