TPPで逆風…“徳洲会出直し”で浮上 自民の選挙違反疑惑

公開日: 更新日:

 27日投開票の鹿児島2区補選で、安倍自民党が逆風にさらされている。焦る安倍は最後の週末の19日、現地に入って奄美群島と鹿児島市内で応援演説を行ったが、なりふり構わぬ選挙戦術に地元からもアキれる声が高まっている。

 安倍自民党の頭痛のタネは大詰めを迎えたTPP交渉だ。鹿児島は農業県でTPP反対の農協票が選挙を左右する。特に奄美は「聖域」と呼ばれる「農産品5品目」のひとつ、サトウキビが主要作物だ。

 安倍政権がTPPで妥協するほど、農協票が離れるため、自民公認の金子万寿夫(67)陣営は交渉の行方を神経をとがらせながら見つめている。

「18日には主要紙が米国産コメの優遇策を一斉に報じるなど、妥協姿勢が表面化しつつある。安倍首相が<日本農業が壊滅的な打撃を受けるような政治決断はできない>などと甘利TPP担当相に代弁させたのは、それだけ補選を気にしている証拠です。農協票欲しさに米国と闘っている姿勢を演出したいのです」(政府関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る