日韓で日程取り合い 「国賓来日」厳しいオバマのアジア歴訪

公開日:  更新日:

 オバマ米大統領が4月に予定しているアジア歴訪で日本を訪問することが固まったが、「国賓待遇」にならない可能性が出てきているという。日程をめぐって日韓がせめぎ合っているためだ。

 国賓は、外務省の5段階の外国要人招待のうち最上格の待遇。天皇、皇后両陛下との会見や宮中晩餐会もあるため、一定の滞在日程が必要で、日本側は米側に2泊以上を確保するよう打診している。

 しかし、韓国も同時期のオバマ大統領の訪韓を要請していて、日韓で日程を取り合う構図になっている。

 歴史問題をめぐって日韓の対立が続いているため、米側は両国に配慮せざるを得ない。さらに、米政府は議会などを考慮してオバマの長期の不在を避けたがっている。

 オバマが国賓で来日すれば、クリントン大統領以来18年ぶりだが、通常の短期滞在で、安倍は肩透かしをくらう可能性も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る