日韓で日程取り合い 「国賓来日」厳しいオバマのアジア歴訪

公開日: 更新日:

 オバマ米大統領が4月に予定しているアジア歴訪で日本を訪問することが固まったが、「国賓待遇」にならない可能性が出てきているという。日程をめぐって日韓がせめぎ合っているためだ。

 国賓は、外務省の5段階の外国要人招待のうち最上格の待遇。天皇、皇后両陛下との会見や宮中晩餐会もあるため、一定の滞在日程が必要で、日本側は米側に2泊以上を確保するよう打診している。

 しかし、韓国も同時期のオバマ大統領の訪韓を要請していて、日韓で日程を取り合う構図になっている。

 歴史問題をめぐって日韓の対立が続いているため、米側は両国に配慮せざるを得ない。さらに、米政府は議会などを考慮してオバマの長期の不在を避けたがっている。

 オバマが国賓で来日すれば、クリントン大統領以来18年ぶりだが、通常の短期滞在で、安倍は肩透かしをくらう可能性も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る