オバマ来日 「2泊3日」にこだわる首相のメンツで大騒動

公開日: 更新日:

 米オバマ大統領の来日日程をめぐり、政府が大混乱だ。菅官房長官はきのう(4日)、オバマの滞在は今月24、25日で、「国賓」として迎えることを正式に発表した。ところが、到着が23日夜になるのか、24日早朝になるのかがいまだに決まっていないのだ。「日程が決まらないのに国賓で受け入れるなんてあり得ない。宮内庁に怒鳴られますよ」(元外交官の天木直人氏)と、前代未聞の騒ぎになっているのである。

 最高級の扱いの国賓のもてなしは、天皇・皇后主催の歓迎行事や宮中晩餐会、天皇・皇后の見送りが慣例。行事が多いため3泊4日が理想とされるが、オバマの今回の来日はアジア歴訪の一環のうえに、韓国訪問が追加されたことで、1泊2日とされていた。しかし、「国賓」待遇にこだわる安倍首相が巻き返し、今月に入って2泊3日に延長されたとメディアは書いた。

「先月オランダで行われた日米首脳会談で、通訳なしのサシの時間が10分ありました。そこで安倍首相が『TPPの関税撤廃で譲歩する』ことを示唆し、来日日程が2泊3日に延びた。こんなふうに聞きましたが、ここにきて、米議会の日程の関係で到着が24日早朝になる可能性が出てきた。1泊2日になるかもしれないのです」(外交に詳しいジャーナリスト・歳川隆雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る