• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

天安門テロ ウイグル武装組織の裏にチラつくアルカイダの影

<「聖戦」を叫んでも得をするのは…>

 習近平指導部の「血の粛清」が始まった。北京市公安当局は30日、天安門前の車両突入事件を「テロ攻撃」と断定。車内で死亡した3人と共謀し、逃走していた5人全員を拘束したと発表した。いずれも名前から、少数民族ウイグル族の出身とみられる。

 死亡した3人はウイグル族の男と妻(30)、男の母(70)。突入後、車内に積んでいたガソリンに火を付けたという。まさに「自爆テロ」だ。

 公安当局は彼らの居住地から、新疆ウイグル自治区の独立を目指す地下組織「東トルキスタン・イスラム運動」(ETIM)が使う「聖戦」の旗を発見したという。
「犯行後に“我々がやった”という証拠を残すのは、国際テロ組織の常套手段」(軍事ジャーナリスト・神浦元彰氏)


 当局はウイグル族が信仰するイスラム教を背景とした犯行とみている。「自爆テロ」「聖戦」「イスラム」で思い起こすのは国際テロ組織「アルカイダ」の影響だ。実は、ETIMは国連安保理に「アルカイダと連携している」と認定されている。アルカイダも長年、中国政府のウイグル弾圧を非難し、「報復」を宣言していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る