みんなの党再分裂騒動 渡辺喜美前代表と心中するのは甥1人

公開日:  更新日:

「開いた口が塞がりません」と評したのは政治評論家の本澤二郎氏だ。久しぶりにメディアの前に出てきたと思ったら、「私が党の創業者である以上、路線を戻す重大な責任を感じる」と、復権に意欲を示した「みんなの党」の渡辺喜美前代表(62)のことである。

 17日の党役員会で、渡辺氏が主張する与党との協力路線が否決されたことについて述べた発言だが、前日の16日には浅尾慶一郎・現代表について「荷が重すぎた」と語っている。よくもまあ、こんな大そうなことが言えるものだ。

「渡辺前代表は政治活動に復帰しようとするならば、まず会見を開き、DHCの吉田嘉明会長から受け取った8億円の問題について自ら解明することが必要です。5カ月近く雲隠れし、その間、通常国会を2カ月半もすっぽかしました。表舞台に出てきて何を言うかと思ったら、『私が創業者』ですから、ガク然としました」(本澤二郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る