みんなの党再分裂騒動 渡辺喜美前代表と心中するのは甥1人

公開日:  更新日:

「開いた口が塞がりません」と評したのは政治評論家の本澤二郎氏だ。久しぶりにメディアの前に出てきたと思ったら、「私が党の創業者である以上、路線を戻す重大な責任を感じる」と、復権に意欲を示した「みんなの党」の渡辺喜美前代表(62)のことである。

 17日の党役員会で、渡辺氏が主張する与党との協力路線が否決されたことについて述べた発言だが、前日の16日には浅尾慶一郎・現代表について「荷が重すぎた」と語っている。よくもまあ、こんな大そうなことが言えるものだ。

「渡辺前代表は政治活動に復帰しようとするならば、まず会見を開き、DHCの吉田嘉明会長から受け取った8億円の問題について自ら解明することが必要です。5カ月近く雲隠れし、その間、通常国会を2カ月半もすっぽかしました。表舞台に出てきて何を言うかと思ったら、『私が創業者』ですから、ガク然としました」(本澤二郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る