“全員野球”には程遠い みんなの党・浅尾代表の「泣きどころ」

公開日: 更新日:

 8億円借り入れ問題で引責辞任したみんなの党の渡辺喜美前代表の後任に、浅尾慶一郎幹事長(50)が無投票で選ばれた。11日の会見では「全員参加」「全員で改革」「全員で決めた」とやたら「全員」をアピールしていた。まあ、「みんな」の党だから当然だろうが、それでみんなの信頼を回復できるかは、はなはだ疑問だ。

 そりゃ確かに、浅尾の経歴は申し分ない。

 東大法学部卒。興銀から米スタンフォード大でMBAを取得し、98年の参院選で民主党から出馬し、初当選。09年に離党し、渡辺らとみんなの党を結党、同年の衆院選でくら替え当選を果たした。

 祖父は元日本郵船社長で、父も元駐イタリア大使というサラブレッドでもある。

「冷静な語り口が身上といわれますが、裏を返せば、頭が良すぎて、何を考えているのかよく分からない。結いの党の江田憲司代表を、みんなの党の幹事長から追い落として除籍にまで持っていったのは、浅尾さんともいわれます。官僚のように粛々と根回しするタイプで、気づいた時には外堀どころか内堀まで埋まっている。会議が始まる時にはすでに結論が出ていて、浅尾さんが描いたストーリー通りに話が進んでしまうそうです」(みんなの党事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る