閣僚W辞任で官邸大混乱 後任に“反安倍”女性議員が浮上

公開日: 更新日:

 小渕優子経産相(40)の地元の「市民オンブズマン群馬」(小川賢代表)は近く、公職選挙法違反容疑で小渕大臣を告発する方針だ。「うちわ」問題で刑事告発された松島みどり法相(58)に続き、刑事事件に発展する可能性が出てきた。

 安倍首相は後任人事に着手し始めたが、官邸サイドは頭を抱えている。

 後任選びが難航している理由は、安倍首相が政権浮揚のために「女性の起用」を前面に押し出していたためだ。9月の内閣改造では、50人以上いる「大臣待機組」の反発を“無視”して女性閣僚の「数」にこだわった。アッサリと「男性」にすげ替えれば、安倍政権の「女性の活躍」は口先だけ――と反発を買うのは必至だ。

■「女性」か「即戦力」か

 ただ、安倍首相に近いといわれる女性議員の多くは、すでに各省庁や党内の要職に就いている。党内からは「女性にこだわっている場合じゃない」と、細田博之元幹事長の名前も取り沙汰されている。“即戦力”として茂木敏充前経産相「再登板説」も飛び出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る