政府と正式対話 香港デモ「雨傘革命」“17歳リーダー”を直撃

公開日:  更新日:

 次期香港行政長官選挙への民主派参加を求める香港の大規模デモ「雨傘革命」は21日、政府と学生団体が初の正式対話を行う見通し。事態収拾に向かうか注目されているが、今回のデモは若い学生が主導していることが特徴だ。当初「17歳のリーダー」と注目を集めた黄之鋒さん(現在18歳)を現地で直撃した。

「今回は2度目だから北京政府も簡単には許してくれないだろうと当初から考えていましたので、かなり前からアイデアを練っていました」

 こう話す黄之鋒さん。彼は3年前、香港政庁が「中国」という国に誇りをもつようにと小中学生に進めようとした「愛国教育」を撤回させたことがあるのだ。

「中学生なら判断できるかもしれませんが、小学生には無理なことだし、おかしなことだと考えてフェイスブックで呼びかけたら、大きく賛同者が集まった。そこからさらに親たちや社会人へと広がったので、うまくいきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る