香港デモの火に油 渦中の行政長官「トンデモ次女」の奇行癖

公開日: 更新日:

 6日で9日目に突入した香港デモ。行政長官官邸前のデモ隊がきのう撤収を決めるなど、一部で沈静化の動きも出てきたが、ここまで長引いたのは「梁振英行政長官の娘のせい」という声もある。梁長官の責任も問われそうだ。

 問題の娘とは、次女の齊昕さん(23)のこと。これがブッ飛んだトンデモな女性なのだ。

「英国に留学し、私は英語教育を受けたエリートだといわんばかりの態度が香港の庶民から総スカンを食らっています」(ジャーナリストの宮城英二氏)

 つい先日も自身のフェイスブック(FB)に、<このネックレスは、香港の納税者の皆のお金で買ったもの。私の美しい靴とドレスも、クラッチバッグもすべて。どうもありがとう!>などと、まるでデモ隊を挑発するかのような書き込みをして、FBが炎上する騒ぎになっている。そりゃ、デモの火に油だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る