福田元首相が習近平と極秘会談 それぞれの“胸算用”

公開日: 更新日:

 中国の習近平国家主席(61)と福田康夫元首相(78)の“密会”は何が目的だったのか――。
 福田元首相は日本の外務省を通さず、独自のルートで調整し、7月下旬に習主席と極秘で会談したことが明らかになった。

 2年前に尖閣諸島をめぐり日中関係が緊迫して以来、習が日本の要人と会談するのは異例だ。そもそも第2次安倍政権が発足してから、日中首脳会談も実現していない。11月に北京でAPECが開催されるが、安倍は2日、外遊先のブラジルで「APECの際に(習主席と)会談できればよいと考えている」と意欲を見せた。安倍が親中派で中国の信頼が厚い福田に“お膳立て”をお願いしたのか。

 政治解説者の篠原文也氏の見方はこうだ。
「中国とのパイプを持つ福田元首相のもとには、<日中関係修復の架け橋になって欲しい>という声が多く寄せられていますが、これまで福田氏はかたくなに断り続けてきました。真意は分かりませんが、ウラがない人ですからそのタイミングではないと思ったのでしょう。ところが、今回、ついに動いた。安倍政権は消費増税、集団的自衛権で行き詰まっている。日中の関係修復を政権浮揚につなげたい官邸からの要請があったのかもしれません。もちろん習主席側の思惑もあって、お互いの利害があうんの呼吸で一致したと考えるのが妥当でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る