米中間選挙民主惨敗で現実味増した「ヒラリー次期大統領」

公開日: 更新日:

 米中間選挙は共和党が圧勝。8年ぶりに上下両院で多数派となった。これでオバマ大統領は“レームダック”。共和党主導の政治となる。そうなれば、ポスト・オバマの最右翼、次期大統領と目された民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(67)はどうなるのか。

 どっこい彼女の人気は揺るぎないようだ。
「民主党大敗は“想定内”の事態でした」と、米大統領選に詳しい国際ジャーナリストの堀田佳男氏が続ける。

「今回の投票率は推計36.6%でしたが、中間選挙の投票率は毎回30%台。投票所に行くのは、いつも、政権政党に不満を持つ中高年層が大半です。過去100年を振り返っても、大統領の出身政党が勝利したのは1934年、98年、02年の3回だけ。中間選挙は政権与党の大敗が当たり前で、大統領選は、あくまで別のイベント。今回の結果は、まもなく本格化する大統領選の趨勢にはほとんど影響しないとみていいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る