• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米中間選挙民主惨敗で現実味増した「ヒラリー次期大統領」

 米中間選挙は共和党が圧勝。8年ぶりに上下両院で多数派となった。これでオバマ大統領は“レームダック”。共和党主導の政治となる。そうなれば、ポスト・オバマの最右翼、次期大統領と目された民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(67)はどうなるのか。

 どっこい彼女の人気は揺るぎないようだ。
「民主党大敗は“想定内”の事態でした」と、米大統領選に詳しい国際ジャーナリストの堀田佳男氏が続ける。

「今回の投票率は推計36.6%でしたが、中間選挙の投票率は毎回30%台。投票所に行くのは、いつも、政権政党に不満を持つ中高年層が大半です。過去100年を振り返っても、大統領の出身政党が勝利したのは1934年、98年、02年の3回だけ。中間選挙は政権与党の大敗が当たり前で、大統領選は、あくまで別のイベント。今回の結果は、まもなく本格化する大統領選の趨勢にはほとんど影響しないとみていいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る