オバマ米軍“ドロ沼”へ…シリア空爆の先には地上軍の派遣か

公開日:  更新日:

 イスラム過激派「イスラム国」を“最大の脅威”と位置付けるオバマ米大統領が、ついにシリア領内への大規模空爆に踏み切った。22日、洋上に展開する艦船から巡航ミサイル、トマホークを発射。攻撃にはF22戦闘機も投入し、イスラム国の司令部施設や訓練施設、武装者、補給トラックに攻撃を与えたという。もっとも戦果は疑問だ。“誤爆”による子供や女性の死亡も伝えられている。計算通りの戦果があがらない場合、いずれ「地上軍の派遣」が現実味を帯びてくる。

 軍事ジャーナリストの神浦元彰氏が言う。

「空爆は地上軍が協力してこそ効果を発揮します。地上軍が誘導、指示を与えることで命中精度が上がるのはもちろん、誤爆を防ぐこともできます。無人偵察機と衛星の情報に頼った空爆には限界があります。米国内からも批判が出始めています」

 ウォールストリート・ジャーナルとNBCテレビの合同世論調査によると、イスラム国との戦いのために空爆だけを支持している人は40%。地上軍の派遣も支持している人は34%となっている。意外にも地上軍の派遣を求める声が多いのだ。オバマはこの数字に衝撃を受けたに違い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る