ミソギ終わらず…小渕優子氏を待ち受ける政治とカネの追及

公開日: 更新日:

「ご心配、ご迷惑をおかけしまして本当に申し訳ありません」──深々と頭を下げる目には時折、光るものがあった。雪が舞い散る中、靴を脱いでビールケースの上にも立った。頭を下げた場所は、400カ所近く。“姫”がここまで地元の選挙区に張り付くのは、2000年の初陣以来初めてのこと。1カ所に集まる有権者は20人足らずだったが、小渕優子前経産相は一人一人の手を握り、「必ず、説明責任を果たしていきたい」と訴えた。

 結果は次点の小林人志氏(社民)に9万票の大差で勝利。すっかりドブ板が板についてたくましくなった印象もあるが、これで“ミソギ”が済んだわけではない。

「小渕さんは明治座の観劇ツアーをめぐる約790万円の収支の差額について、まだ何も説明していません。当選直後からまた国会とマスコミに追及されることになるでしょう」(政治評論家の伊藤達美氏)

 東京地検特捜部による金庫番の聴取、支援者の調べは続いていて、捜査再開が近いとささやかれる。政治資金問題で経産相を辞任してから、雲隠れしていた小渕氏。まずは説明責任を果たすべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る