落選の田母神俊雄氏 「公明党ぶっ潰す」と叫んで返り討ちに

公開日:  更新日:

「公明党をぶっ潰そう」──次世代の党の田母神俊雄氏(66)はこう雄たけびを上げて牙城に攻め込んだが、比例復活さえ許されず、完膚なきまでに叩きのめされた。

 元航空幕僚長で「憂国の保守派論客」を自任する田母神氏は、ネット右翼から「閣下」と呼ばれるなど、異様な支持がある。今年2月の都知事選では61万票を獲得。今回もしぶとく選挙戦を展開するとみられていたが、あっけない撃沈である。

 まともな有権者が危険な男にソッポを向いたことが敗因だが、都知事選で活躍した“田母神ガールズ”と呼ばれる美女応援団の存在がなかったことも大きい。あの時は保守系のネットテレビ「日本文化チャンネル桜」の美人モデルやジャズシンガーの応援が文字通り“サクラ”を務めてくれたが、今回は協力が得られなかったという。

「もうひとつは本人の女性問題です。田母神さんには30年以上連れ添った糟糠の妻がいますが、その妻を捨てて、ひと回り以上も年齢が下の女性とドロ沼不倫に突っ走ろうとしていることが報じられました。意外にも女性人気が高い田母神さんですが、女性票が離れてしまった感が否めません」(永田町関係者)

 生活の党の青木愛氏(49)は4万票を獲得しながら比例復活がかなわず。一方、4万5000票を集めた共産の池内沙織氏(32)は復活当選した。“田母神票”がなければどうなっていたことか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る