落選の田母神俊雄氏 「公明党ぶっ潰す」と叫んで返り討ちに

公開日: 更新日:

「公明党をぶっ潰そう」──次世代の党の田母神俊雄氏(66)はこう雄たけびを上げて牙城に攻め込んだが、比例復活さえ許されず、完膚なきまでに叩きのめされた。

 元航空幕僚長で「憂国の保守派論客」を自任する田母神氏は、ネット右翼から「閣下」と呼ばれるなど、異様な支持がある。今年2月の都知事選では61万票を獲得。今回もしぶとく選挙戦を展開するとみられていたが、あっけない撃沈である。

 まともな有権者が危険な男にソッポを向いたことが敗因だが、都知事選で活躍した“田母神ガールズ”と呼ばれる美女応援団の存在がなかったことも大きい。あの時は保守系のネットテレビ「日本文化チャンネル桜」の美人モデルやジャズシンガーの応援が文字通り“サクラ”を務めてくれたが、今回は協力が得られなかったという。

「もうひとつは本人の女性問題です。田母神さんには30年以上連れ添った糟糠の妻がいますが、その妻を捨てて、ひと回り以上も年齢が下の女性とドロ沼不倫に突っ走ろうとしていることが報じられました。意外にも女性人気が高い田母神さんですが、女性票が離れてしまった感が否めません」(永田町関係者)

 生活の党の青木愛氏(49)は4万票を獲得しながら比例復活がかなわず。一方、4万5000票を集めた共産の池内沙織氏(32)は復活当選した。“田母神票”がなければどうなっていたことか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る