• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イスラム国 「後藤さん解放条件変更」の狙いは“日米分断”か

 後藤健二さんの解放について、ヨルダンに収監中の女死刑囚との交換を要求してきたイスラム国。法外な身代金要求からの方針転換に一部メディアは「ハードルが下がった」と楽観論を振りまいているが、油断は禁物だ。イスラム国の交渉戦略は極めて狡猾である。新たな要求は日米分断を狙った巧妙なワナとみるのが妥当だ。

 昨年からヨルダンは米国主導の軍事行動に参加。昨年のクリスマスイブにはヨルダン軍の戦闘機がシリア北部ラッカで墜落し、パイロットがイスラム国の人質となった。ヨルダン政府は水面下で救出交渉を続け、その中で収監中の女死刑囚と交換する案が浮上していたという。

 この女死刑囚こそ、イスラム国が後藤さんの解放条件として日本政府に「釈放」を求めた、サジダ・リシャウィなのである。ヨルダンが日本との友好関係を重視して、リシャウィ死刑囚を釈放すれば、自国のパイロット解放の交渉カードを失いかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る