イスラム国掃討へ 米オバマ「地上軍5000人投入」決定情報も

公開日:  更新日:

 国防総省のカービー報道官は18日、イスラム国と戦うシリア反体制派の訓練を3月中旬にも開始すると明らかにした。約1200人の身元の調査を実施後、最終的には米兵約1000人が教官などとして、訓練活動に関わるという。

 オバマ大統領は、かねて「米軍の地上部隊の派遣は認めない」と強調していた。今月11日に限定的な地上部隊の派遣を認めるよう議会に決議案を提出した際も、「任務は人質の捜索や救出」と本格的な戦闘には加わらないことを強調していた。今回の派遣も、あくまでイスラム国と戦うシリア反体制派の訓練が目的だ。

 ところが、実際はさらに先まで話が進んでいるようだ。軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

「米軍関係者の話では、訓練ではなく地上戦でイスラム国と戦うことを見越して、5000人程度の地上部隊をイスラム国の支配地域周辺に派遣する方針を、既に決めているそうです。イスラム国の掃討には、最低でも3年はかかるとみているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る