米国で世界初の“縮小”手術…日本人にもいる「困ったペニス」

公開日: 更新日:

 大き過ぎるのも困ったものだ――。米国で17歳の少年がペニスを小さくする手術を受けて話題になっている。彼のペニスは長さ18センチ、周囲25センチで、アメフトのボールのような形状。セックスに支障をきたしていたため、尿道を短くするなどの手術で平均サイズに縮めた。ペニスの縮小手術は世界初という。

 白人はペニスが大きく、日本人は小さいのは事実だが、実は日本にもデカマラは存在する。都内の風俗嬢・らぶりん愛さんが言う。

「数年前についた20代後半のお客さんはすごかった。平常時も勃起時も500㏄の缶ビールの大きさ。勃起すると亀頭がそそり立ち、通常の男性より硬い。両手でしごいて射精させました」

 手コキ嬢のあいりさんが出合ったペニスは500㏄のペットボトルと同じ太さだった。

「フェラをするために口に入れたけど亀頭が入っただけで前後に動けないんです。仕方ないので筒状のオナニーグッズに包み、左手で根元を固定し、右手でしごいてあげました。同時に両足で睾丸を揉んであげると彼は気持ちよさそうに射精。本人は“女性に入れたことがない”と悩んでました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る