米ペンタゴンが指摘 “11日失踪”プーチン大統領の「真の病名」

公開日: 更新日:

「ウワサでもなければ、つまらないでしょ」

 姿をくらませていたプーチン大統領が16日、キルギスのアタムバエフ大統領との会談に登場。意味深発言で11日間にわたる失踪をケムに巻いた。
 その間、政治日程を相次いでキャンセルしたことで、重病説や死亡説などが飛び交い、ネット上では「プーチンを捜せ」が世界のネタになっていた。何をしていたのか。

「12年後半に外交日程をキャンセルした時も、重病説が浮上。複数の当局者が腰痛治療を盾に否定したことから、今回も腰痛説が出ているのです。しかし、その線は薄い。気になるのは、姿を現した前日15日にテレビ発言(録画)で<昨年のウクライナ政変で、核攻撃を準備した>と明言したことで、もっと裏があるとみられます」(欧州筋)

 注目は、米国防総省が08年にまとめたプーチンに関する報告書。2月4日に公開され、「プーチンはアスペルガー症候群」というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る