中国にやられた「アジア開発銀」 歴代トップたちの無能無策

公開日: 更新日:

 先代の黒田東彦・現日銀総裁もお決まりのコースに乗って、13年3月までADB総裁を務めた。要するに“大株主”のやりたい放題が続いていたのだ。日本を抜いて世界2位の経済大国になった中国(出資比率6・46%)にとって、面白いはずがない。

「中国は、黒田氏の次の総裁の座を狙って画策していたのですが、財務省の牙城を崩せなかった。それもあって、習国家主席が13年10月にAIIBの創設をブチ上げたわけです」(前出の財務省関係者)

「日米」VS「中国」の主導権争いは、欧州主要国の参加表明で、一気に中国有利に傾きつつある。ルー米財務長官は「米国主導の多国間制度に挑んでいる」とかみついていたが、後手後手だ。

「鉄道や高速道路、発電所など、アジア新興国のインフラ投資は、欧州企業にとってもおいしいプロジェクトです。中国は実利をちらつかせ、粘り強く4カ国を切り崩してきました。5月に総選挙を控える英キャメロン政権がそれに飛びつき、独仏伊が追随した。ADBは、そうした欧州各国のニーズを読み切れていなかったともいえるでしょう」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)

 いかに大株主でも、トップが無能では務まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  3. 3

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  4. 4

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    GM作物は子供が好む菓子に含まれているがなぜか表示はない

  10. 10

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る