トラブル増 フーゾク嬢が怯える中国人観光客の“無法プレー”

公開日:  更新日:

「中国人はお断り」――。こんな方針を打ち出す風俗店が増えている。中国人観光客のマナーが極端に悪いからだ。女の子がツメの伸びた指を性器に入れられてケガをすることも多く、高級ソープの中には入り口に中国人を拒絶する張り紙をしているところもある。“アベノミクス円安”で中国人観光客が増え、百貨店やホテルはホクホクだが、風俗嬢は怯えているのだ。

「彼らは日本のAVを見慣れているため、乱暴な振る舞いをするのです」とは風俗ライターの蛯名泰造氏だ。

「日本のAV女優がやっていることはすべて風俗嬢にして構わないと勘違いしているのです。極太バイブを持参してソープ嬢のアソコに入れようとしたり、仁王立ちで喉の奥までペニスを突っ込もうとする。女の子の尻に噛みついて歯形を残したとか、胸にキスマークをつけたというのもよく聞く話。“オシッコしたら30万円あげる”としつこく迫られたデリヘル嬢もいます。看過できないのが中国人から淋病や梅毒をうつされるケースが増えていること。風俗嬢を通じて日本の男性客に性病が拡大しているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る