• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

統一選で惨敗…民主党に迫る岡田克也代表の「辞任」と「解党」

「1強多弱」の政治情勢を変える足掛かりではなかったのか。12日に投開票された統一地方選の前半戦。フタを開ければ、発奮した野党は41道府県全てで議席を得た共産党だけ。あとは大惨敗というふがいなさだ。とりわけ許せないのは、野党第1党である民主党だ。

「厳しい傾向に歯止めがかかっていない。2大政党の資格を失う」――。民主党の細野豪志政調会長は13日、選挙結果に大慌てだったが、そりゃあそうだ。民主党は今回、41道府県議選で264議席を獲得したが、前回(11年、346議席)から、82議席も減らした。300議席に届かなかったのは03年以来で、17政令市議選でも前回の147議席から126議席に減った。大阪市議選は候補者11人が全員落選し、大阪府議選も候補者9人のうち、当選したのは1人だけだ。

 これではキワモノ候補の寄せ集めの泡沫新党と変わらない。よく「野党第1党」の看板を掲げていられるものだが、民主党の枝野幸男幹事長は談話で、「民主党が公認・推薦し、あるいは支援した多くの候補者が当選を果たすことができました。(略)与野党対決となった札幌市長選挙を制したことは大きな成果であり、党再生に向けた足がかりを得たと受け止めています」なんて言っている。オメデタイというのか、何も考えていないのか。本気で言ってるのか? と突っ込みたくなる支持者も多いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る