沖縄米軍ヘリ墜落なお詳細不明…一体化が進む米軍と自衛隊

公開日: 更新日:

 沖縄・うるま市沖で米軍ヘリが墜落し、陸上自衛官2人を含む6人が負傷した事故から5日過ぎた。一歩間違えれば死者が出てもおかしくない大事故だったにもかかわらず、いまだに事故の詳細は分からず、負傷者の様子もナゾのままだ。官邸屋上におもちゃヘリの「ドローン」が落ちただけで右往左往した安倍政権も今回はなぜか静観しているからワケが分からない。

「(米軍側に問い合わせても)杓子定規な返事しかほとんどない。日本国民を守るのが日本政府の役目なので、しっかりとした仕組みがないのは大変残念」――。

 16日、沖縄県庁で中谷防衛相と会談した翁長知事は事故に対する米国の姿勢を強く批判した。これに対し、中谷は「非常に遺憾」と言っていたが、本心なのかは怪しいものだ。前日15日に米軍キャンプ瑞慶覧で在沖縄米軍トップのウィスラー4軍調整官と会談した際には「再発防止」を申し入れただけで、厳重抗議は一切なかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  7. 7

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る