“Mr.文部省”寺脇研氏 「新国立問題の迷走は政治家の暴走」

公開日: 更新日:

 新国立競技場の建設問題、国立大学・大学院の人文社会系分野の見直し、ますます強まる愛国教育――。文部科学行政の迷走が止まらない。古巣の体たらくをOBはどう見ているのか。ゆとり教育を旗振りし、“ミスター文部省”と呼ばれた寺脇研氏(63)に聞いた。

――2520億円もの総工費が問題になった新国立競技場の建設計画は白紙に戻りましたが、まだ先は見通せません。

 小泉政権以来もてはやされてきた「政治主導」の弊害です。政治家が決めるのがいいことなんだ、官僚は黙っていろという空気でしょう。そもそも東京五輪は石原慎太郎元都知事の誘致に始まり、政治マターで進められてきた。政治家もそれに乗っかってきた。IOC(国際オリンピック委員会)はカネを出すわけじゃないから、候補国にいいモノを造れと言ってくる。今度こそ招致を成功させるためには今の競技場じゃダメだ、こんなに立派なモノを造りますから――とイケイケになった結果、建設費が膨大に膨らんでしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

  8. 8

    8月の自殺者が15%増 コロナで踏ん張るも“心が折れた”恐れ

  9. 9

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  10. 10

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

もっと見る