また自分のヤジで審議中断…安倍首相に学習能力はあるのか

公開日:  更新日:

 懲りない男だ。また首相のヤジで安保関連法案の審議がストップした。21日、参院の特別委員会で民主党の蓮舫代表代行の質問中、安倍首相は自席から「そんなこと、どうでもいいじゃん」と暴言を吐いた。

 この日、蓮舫氏は中谷防衛相に照準を合わせて、30分以上にわたって追及。蓮舫氏が中谷氏の答弁の齟齬を指摘し、質疑が一時中断すると、安倍首相はシビレを切らしたのか、顔を歪めながらヤジを飛ばした。蓮舫氏は、「どうでもいいとはどういうことか!」とカンカンだった。

 安倍首相は「本質とは関わりないと言った。どうでもいいとは言っていない」と反論。ところが、鴻池祥肇委員長から「自席での発言は控えてほしい」と注意されると、渋々、発言を取り消した。

 安倍首相は5月の衆院特別委でも、自席から民主党の辻元清美・政調会長代理に「早く質問しろよ」とヤジを飛ばし、抗議を受けて陳謝している。

 自分のヤジなどのせいで、安保法案の審議は滞り、終戦の日までに成立させる当初の筋書きは完全崩壊。おかげで戦後最長95日間の会期延長を余儀なくされたのに、この期に及んでまたヤジとは……安倍首相に学習能力はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る