また自分のヤジで審議中断…安倍首相に学習能力はあるのか

公開日:  更新日:

 懲りない男だ。また首相のヤジで安保関連法案の審議がストップした。21日、参院の特別委員会で民主党の蓮舫代表代行の質問中、安倍首相は自席から「そんなこと、どうでもいいじゃん」と暴言を吐いた。

 この日、蓮舫氏は中谷防衛相に照準を合わせて、30分以上にわたって追及。蓮舫氏が中谷氏の答弁の齟齬を指摘し、質疑が一時中断すると、安倍首相はシビレを切らしたのか、顔を歪めながらヤジを飛ばした。蓮舫氏は、「どうでもいいとはどういうことか!」とカンカンだった。

 安倍首相は「本質とは関わりないと言った。どうでもいいとは言っていない」と反論。ところが、鴻池祥肇委員長から「自席での発言は控えてほしい」と注意されると、渋々、発言を取り消した。

 安倍首相は5月の衆院特別委でも、自席から民主党の辻元清美・政調会長代理に「早く質問しろよ」とヤジを飛ばし、抗議を受けて陳謝している。

 自分のヤジなどのせいで、安保法案の審議は滞り、終戦の日までに成立させる当初の筋書きは完全崩壊。おかげで戦後最長95日間の会期延長を余儀なくされたのに、この期に及んでまたヤジとは……安倍首相に学習能力はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る