また自分のヤジで審議中断…安倍首相に学習能力はあるのか

公開日: 更新日:

 懲りない男だ。また首相のヤジで安保関連法案の審議がストップした。21日、参院の特別委員会で民主党の蓮舫代表代行の質問中、安倍首相は自席から「そんなこと、どうでもいいじゃん」と暴言を吐いた。

 この日、蓮舫氏は中谷防衛相に照準を合わせて、30分以上にわたって追及。蓮舫氏が中谷氏の答弁の齟齬を指摘し、質疑が一時中断すると、安倍首相はシビレを切らしたのか、顔を歪めながらヤジを飛ばした。蓮舫氏は、「どうでもいいとはどういうことか!」とカンカンだった。

 安倍首相は「本質とは関わりないと言った。どうでもいいとは言っていない」と反論。ところが、鴻池祥肇委員長から「自席での発言は控えてほしい」と注意されると、渋々、発言を取り消した。

 安倍首相は5月の衆院特別委でも、自席から民主党の辻元清美・政調会長代理に「早く質問しろよ」とヤジを飛ばし、抗議を受けて陳謝している。

 自分のヤジなどのせいで、安保法案の審議は滞り、終戦の日までに成立させる当初の筋書きは完全崩壊。おかげで戦後最長95日間の会期延長を余儀なくされたのに、この期に及んでまたヤジとは……安倍首相に学習能力はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る