高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

5年後の財政は五輪どころじゃなくなる

公開日: 更新日:

 国の来年度予算案の概算要求が締め切られ、一般会計の要求額は102兆円を超えて、過去最大規模となる見通しだ。

 各省庁で最も多い厚労省の要求額は30兆6675億円。このうち医療費は11.5兆円、年金が11.2兆円と、社会保障費が膨らんだことが理由だ。世界に類例のない少子高齢化社会を迎えた日本にとって、当然の予算措置とはいえ、やはり気になるのは財政収支のバランスである。

 すでに国の借金残高は1000兆円を超え、国債の償還や利払いに充てる「国債費」の要求額も、過去最大の26兆543億円まで膨らんだ。社会保障費に匹敵する金額であり、今後も超高齢化社会が続く限り、国の財政がいずれマヒするのは必定である。

 せめて足元の景気が良くなればいいのだが、あらゆる経済指標は景気後退を物語る。7月の消費支出は前年同月比0.2%減と2カ月連続のマイナス。鉱工業生産指数も7月は下がり、四半期ベースだと、4~6月期の生産は前期比1.5%ダウンと減産続き。この調子だと、7~9月期のGDPも2期連続マイナスの可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    閉店コンビニを改装「1日1組限定」ミニ葬儀場がはやるワケ

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る