• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

世界はグローバル・デフレ時代に突入した

 上海株急落が引き金となった世界的な株安の連鎖は、NYダウを一時1000ドル以上も暴落させるなど凄まじい破壊力を見せつけた。東京市場も例外ではなく、日経平均は6営業日続落で実に3000円近く値を下げた。この惨状を見るにつけ、超が付くレベルまで過度にグローバル化してしまった国際金融市場には、その危うさを改めて感じざるを得ない。

 中国経済は住宅も株式もバブル状態で、はじけ飛ぶのは時間の問題だと多くの専門家が予想していた。その終焉がチョット早まった程度で世界のマーケットに、これだけのダメージをもたらすのだ。90年代初頭の日本のバブル崩壊時には考えられなかったことで、当時、イバラの道を進んだのは東京市場だけ。世界同時株安には至らなかった。

 かつては「アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪をひく」と言われたものだが、そんな悠長な例えは今や死語だ。金融市場のグローバル化によって「中国のくしゃみ」が「世界規模のパンデミック(感染爆発)」を引き起こすのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る