日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国民愚弄の人事にア然…第3次安倍改造内閣は短命に終わる

 第3次安倍改造内閣が7日、発足したが、閣僚名簿を見てハッキリわかったことがある。

 この内閣は長くない。そして、最後の安倍内閣になるだろう、ということだ。

 安倍首相は改造後の記者会見で「未来へ挑戦する内閣だ」「(この内閣で)未来を切り開く」と豪語、「経済政策を一層強化する」「世界の中心で輝く日本をつくりあげていく」と大仰なセリフを吐いた。その言葉と閣僚人事の落差には国民も唖然としたのではないか。

 すでに破綻が明らかになっているアベノミクスの戦犯経済閣僚をそのまま留任させて、何が「経済優先」なのか。自分の派閥から4人を起用し、「お気に入り」と「お仲間」優先をエスカレートさせた人事で、何が「未来への挑戦」なのか。その他の新閣僚人事にも薄汚い派閥対策の政略が透けて見えて、適材適所とは程遠い布陣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事