醜聞続々…高木復興相は「下着ドロの過去」報道に逃げの一手

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイ既報の通り、安倍改造内閣で閣僚の醜聞が次々と発覚している。中でも見過ごせないのが、15日発売の週刊新潮や文春が一斉に報じた高木毅復興相(59)の下着ドロだ。こんなハレンチ大臣、前代未聞だ。

 高木大臣は30年ほど前に地元・敦賀市内の住居に上がり込み、タンスを物色し下着を盗んだ。被害女性の知人が通報したことで発覚した。週刊誌が報じた内容がこれだが、実は組閣直後から怪文書が出回り、本紙も高木大臣の事務所に真偽を問い合わせた。地元事務所は「分からない」の一点張りだったが、週刊誌報道などによると、高木大臣は事前に作った合鍵で侵入したというから、まるでストーカーではないか。

「“余罪”はまだあります」と言うのは、さる地元関係者だ。

「父親の孝一さんが5期目をかけて戦った95年の市長選の時、〈高木毅は下着ドロ〉といった怪文書が出回りました。この怪文書については地元で知らない人はいないほど知れ渡っている。最初に下着ドロに手を染めたのは高木さんが高校生の頃のこと。青山学院大に進学し、東京へ移ってからもやっていた。大学卒業後、地元に戻ってからも懲りずに3、4回盗んでいた。そんなウワサも出ていた。真偽はとにかく、そんなウワサが出ている人物が国会議員であることに驚きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る