1億総活躍相と兼務 「拉致担当相」の軽さに被害者家族は落胆

公開日:  更新日:

 安倍政権はやっぱり拉致問題を解決する気はないんじゃないか。

 9月末、北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さんの兄、拉致被害者家族連絡会元副代表の透氏が安倍政権の対応についていらだちをツイート。拉致問題の“先送り”に怒りをあらわにしていたが、今回の内閣改造で、拉致問題担当相はまた交代。

 そのうえ、政府が目玉政策に掲げる「1億総活躍社会」担当相の加藤勝信が兼務する形で就任した。1億総活躍相がメーンなのだから拉致担当はオマケみたいなものだ。

 家族会代表で田口八重子さんの兄・飯塚繁雄さん(77)は「大臣がころころ代わる。本当に拉致問題を解決してくれるのか」と不安をもらし、増元るみ子さんの弟・照明さん(60)は「政府にとって拉致問題担当相は重要ではなかったことになる」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る