1億総活躍相と兼務 「拉致担当相」の軽さに被害者家族は落胆

公開日: 更新日:

 安倍政権はやっぱり拉致問題を解決する気はないんじゃないか。

 9月末、北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さんの兄、拉致被害者家族連絡会元副代表の透氏が安倍政権の対応についていらだちをツイート。拉致問題の“先送り”に怒りをあらわにしていたが、今回の内閣改造で、拉致問題担当相はまた交代。

 そのうえ、政府が目玉政策に掲げる「1億総活躍社会」担当相の加藤勝信が兼務する形で就任した。1億総活躍相がメーンなのだから拉致担当はオマケみたいなものだ。

 家族会代表で田口八重子さんの兄・飯塚繁雄さん(77)は「大臣がころころ代わる。本当に拉致問題を解決してくれるのか」と不安をもらし、増元るみ子さんの弟・照明さん(60)は「政府にとって拉致問題担当相は重要ではなかったことになる」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  8. 8

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  9. 9

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る