まやかし「行政事業レビュー」 河野行革相で国民に目くらまし

公開日: 更新日:

 3日間の日程で行われている中央省庁の予算を検証する「行政事業レビュー」。新聞・テレビは「どこまで切り込めるか」なんて持ち上げているが、これには鼻白んでしまう。事業レビューは民主党政権の「事業仕分け」のように「廃止」などの結論を出すワケでもなく、評価する有識者の指摘には何ら強制力もない。つまり、省庁側にとっては何を指摘されても屁のかっぱ。税金のムダ削減なんて到底、期待できないからだ。

「数ある事業の中で最も説明がされてこなかったのがスパコン(スーパーコンピューター)だ」

 12日は科学技術関連事業としてスパコンの「京」の開発費が取り上げられ、河野太郎行革担当相がドヤ顔で、そう強調していた。最終的に「予算削減に努力すべき」となったのだが、スパコンの「京」といえば、09年の事業仕分けでも見直し対象になり、蓮舫行政刷新担当相の「2位じゃダメなのか」というフレーズに批判が殺到した。当時の自民党議員やメディアは「科学技術を知らないシロートの発想」「中国に抜かれる」とボロクソだったが、今回はなぜか静観しているからクビをひねりたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る