まやかし「行政事業レビュー」 河野行革相で国民に目くらまし

公開日:  更新日:

 3日間の日程で行われている中央省庁の予算を検証する「行政事業レビュー」。新聞・テレビは「どこまで切り込めるか」なんて持ち上げているが、これには鼻白んでしまう。事業レビューは民主党政権の「事業仕分け」のように「廃止」などの結論を出すワケでもなく、評価する有識者の指摘には何ら強制力もない。つまり、省庁側にとっては何を指摘されても屁のかっぱ。税金のムダ削減なんて到底、期待できないからだ。

「数ある事業の中で最も説明がされてこなかったのがスパコン(スーパーコンピューター)だ」

 12日は科学技術関連事業としてスパコンの「京」の開発費が取り上げられ、河野太郎行革担当相がドヤ顔で、そう強調していた。最終的に「予算削減に努力すべき」となったのだが、スパコンの「京」といえば、09年の事業仕分けでも見直し対象になり、蓮舫行政刷新担当相の「2位じゃダメなのか」というフレーズに批判が殺到した。当時の自民党議員やメディアは「科学技術を知らないシロートの発想」「中国に抜かれる」とボロクソだったが、今回はなぜか静観しているからクビをひねりたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る