日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やっと更迭 選考の黒幕が語っていた佐野エンブレムへの執着

 白紙撤回から1カ月。ようやく、2人の“黒幕”がケツを拭った。

 東京五輪組織委員会はきのう(2日)、旧エンブレムの作成を担当した槙英俊マーケティング局長と、企画財務局クリエーティブディレクターの高崎卓馬氏の退任を発表。2人とも五輪のマーケティング活動を仕切る専任代理店「電通」出身で、組織委は電通からの出向を解除、事実上の更迭である。

 この電通マン2人は撤回された佐野研二郎氏のエンブレム選出に、とりわけ深~く関与。選考経過が不透明な密室審査で「佐野氏ありきのデキレース」と批判される要因を次々とつくってきた。

「佐野氏の関係者で固められた審査委員の人選を担当し、自らも審査委員を務めたのが高崎氏。佐野氏がコンペに出展した『原案』の商標登録が通らない可能性が分かった後も、別の作品を選び直そうとせず、修正の道へと主導したのも彼です」(組織委関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事