「安保法成立は強引」小泉元首相が月刊誌で安倍政権批判

公開日: 更新日:

 小泉純一郎元首相が、原発再稼働に続き、安保法でも安倍政権批判だ。

 10日発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで、先の通常国会で安保法を成立させた安倍政権の政治手法について「全部強引に押し切っちゃう。先急いでいるね」と批判した。

 さらに、安保法案審議中、衆院の憲法調査会で自民党推薦を含む憲法学者3人が法案を「違憲」と断言したことにも触れ、こう言っている。

「学者が『違憲』と言った時点で一拍置く。自民党が衆院に呼んだ参考人が言っちゃったんだから、あれは無理」

 そこまで安倍政権の強引なやり方をおかしいと思っているなら、反安保デモを続けるシールズや学者らとともに、小泉元首相も「倒閣」運動に参加したらどうか。

 インタビューでは、次男・進次郎衆院議員についても話していて、「今見れば(首相の資質)あるよね、他の議員に比べれば。勉強しているし、私より慎重だし」と褒め、親バカぶりを見せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る