• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作家・野坂昭如さんが死去 「火垂るの墓」などで直木賞

 小説「火垂るの墓」や「四畳半襖の下張」裁判、ヒット曲「黒の舟唄」などで知られ、さまざまな分野で活躍した野坂昭如さんが9日に亡くなったことがわかった。85歳。

 9日午後9時過ぎ、東京・杉並区にある自宅のベッドで、意識がない状態でいるのを妻が発見。その後、病院に搬送されたが、午後10時半ごろ、死亡が確認された。

 1930年、神奈川県鎌倉市生まれ。小説「エロ事師たち」で63年に作家デビュー、67年に「火垂るの墓」「アメリカひじき」で直木賞を受賞した。歌手としても「黒の舟唄」などのヒット曲がある。作詞家として「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞童謡賞を受賞。83年6月の参議院選挙に、第二院クラブの比例代表名簿1位として出馬し当選。同年12月、参議院議員を辞職し、金権政治を批判して田中角栄元首相と同じ新潟3区から出馬。注目を集めたが次点で落選した。

 本紙でも創刊当時、コラムを執筆。昭和50年代後半には長編小説「背徳ごっこ」を連載した。

 03年、72歳の時に脳梗塞で倒れ、自宅でリハビリを続けながら執筆活動を続けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る