作家・野坂昭如さんが死去 「火垂るの墓」などで直木賞

公開日:  更新日:

 小説「火垂るの墓」や「四畳半襖の下張」裁判、ヒット曲「黒の舟唄」などで知られ、さまざまな分野で活躍した野坂昭如さんが9日に亡くなったことがわかった。85歳。

 9日午後9時過ぎ、東京・杉並区にある自宅のベッドで、意識がない状態でいるのを妻が発見。その後、病院に搬送されたが、午後10時半ごろ、死亡が確認された。

 1930年、神奈川県鎌倉市生まれ。小説「エロ事師たち」で63年に作家デビュー、67年に「火垂るの墓」「アメリカひじき」で直木賞を受賞した。歌手としても「黒の舟唄」などのヒット曲がある。作詞家として「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞童謡賞を受賞。83年6月の参議院選挙に、第二院クラブの比例代表名簿1位として出馬し当選。同年12月、参議院議員を辞職し、金権政治を批判して田中角栄元首相と同じ新潟3区から出馬。注目を集めたが次点で落選した。

 本紙でも創刊当時、コラムを執筆。昭和50年代後半には長編小説「背徳ごっこ」を連載した。

 03年、72歳の時に脳梗塞で倒れ、自宅でリハビリを続けながら執筆活動を続けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る