• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

俳優・新田純一さんが語る「延命措置をしない」という選択

 身内が倒れ、医者から命についての決断を迫られる。だれもが経験しそうなことだ。

 俳優の新田純一さん(52)は45歳だった2008年10月、病院に担ぎ込まれた父・静雄さんの延命について「しない」と決めた。

「脳梗塞でした。医者から『1週間後がヤマ場ですね』と言われてはいたんですけど、ちょうど1週間経った日に『そろそろ今後、容体が急に悪化したときにどうするか、選択をしてもらわないといけない』と。要は、延命措置をするか、しないかの選択です。オヤジの兄妹も、年をとってから離婚した母親も『あなたに任せる』。いろいろ考えた末、オヤジが『ゴルフができなくなったら、オレはもう死んじゃった方がいいよ』と口癖のように言ってたのを思い出して、先生に『延命措置をした場合、ほんの少しの確率でもゴルフができるようになりますか?』って聞いたんです。そしたら『ゼロ』だと。眠れないほど悩みましたねぇ。オヤジの気持ちをくんでやろうにも、しゃべれないし、書くこともできない。でも、本人は『生きたい』と思ってるかもしれない……。結局は、『ゴルフができなくなったら』という言葉を尊重して、延命措置を取らないと先生に告げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る