俳優・新田純一さんが語る「延命措置をしない」という選択

公開日:  更新日:

 身内が倒れ、医者から命についての決断を迫られる。だれもが経験しそうなことだ。

 俳優の新田純一さん(52)は45歳だった2008年10月、病院に担ぎ込まれた父・静雄さんの延命について「しない」と決めた。

「脳梗塞でした。医者から『1週間後がヤマ場ですね』と言われてはいたんですけど、ちょうど1週間経った日に『そろそろ今後、容体が急に悪化したときにどうするか、選択をしてもらわないといけない』と。要は、延命措置をするか、しないかの選択です。オヤジの兄妹も、年をとってから離婚した母親も『あなたに任せる』。いろいろ考えた末、オヤジが『ゴルフができなくなったら、オレはもう死んじゃった方がいいよ』と口癖のように言ってたのを思い出して、先生に『延命措置をした場合、ほんの少しの確率でもゴルフができるようになりますか?』って聞いたんです。そしたら『ゼロ』だと。眠れないほど悩みましたねぇ。オヤジの気持ちをくんでやろうにも、しゃべれないし、書くこともできない。でも、本人は『生きたい』と思ってるかもしれない……。結局は、『ゴルフができなくなったら』という言葉を尊重して、延命措置を取らないと先生に告げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る