俳優・新田純一さんが語る「延命措置をしない」という選択

公開日:  更新日:

 身内が倒れ、医者から命についての決断を迫られる。だれもが経験しそうなことだ。

 俳優の新田純一さん(52)は45歳だった2008年10月、病院に担ぎ込まれた父・静雄さんの延命について「しない」と決めた。

「脳梗塞でした。医者から『1週間後がヤマ場ですね』と言われてはいたんですけど、ちょうど1週間経った日に『そろそろ今後、容体が急に悪化したときにどうするか、選択をしてもらわないといけない』と。要は、延命措置をするか、しないかの選択です。オヤジの兄妹も、年をとってから離婚した母親も『あなたに任せる』。いろいろ考えた末、オヤジが『ゴルフができなくなったら、オレはもう死んじゃった方がいいよ』と口癖のように言ってたのを思い出して、先生に『延命措置をした場合、ほんの少しの確率でもゴルフができるようになりますか?』って聞いたんです。そしたら『ゼロ』だと。眠れないほど悩みましたねぇ。オヤジの気持ちをくんでやろうにも、しゃべれないし、書くこともできない。でも、本人は『生きたい』と思ってるかもしれない……。結局は、『ゴルフができなくなったら』という言葉を尊重して、延命措置を取らないと先生に告げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る