日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

これからの70年を暗い道のりにしないために

改憲の相棒のハクづけに必死

 今年の世相を表す漢字に「安」が選ばれた。「安」保法案で憲法解釈をガラリと変え、やりすぎ政治が多くの人々に不「安」をもたらした。まさに「安」倍首相のやりたい放題だった年を象徴する一文字である。

 この1年で安倍首相は妙な自信をつけたのか、いよいよ本丸の「憲法改正」に打って出る気配を隠そうとしない。ムキ出しの野望を見せつけたのが、大阪市長を辞め、政界を引退したばかりだったはずの橋下徹氏とのロングラン会談である。

 はたして橋下氏が改憲の「相棒」になり得るのか。約3時間半に及んだ話し合いで、首相はじっくり値踏みしたのだろう。「ご指名」を受けた橋下氏自身も、まんざらでもない様子だった。

 言うまでもないが、憲法改正の発議には衆参両院の全議員のうち、それぞれ3分の2の賛成が必要だ。衆院は自公与党で改憲ラインを維持しているが、問題は参院だ。現状の与党133議席は改憲ラインに29議席足りない。来夏の参院選で大勝しても、憲法改正のハードルはかなり高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事