GPIFが株への直接投資を解禁…年金資産が兆単位で消える

公開日: 更新日:

■厚労省は「手数料削減」強調も…

 厚労省はメリットについて、毎年200億円以上かかっている運用手数料が削減できるとか、国内株式の半分を直接投資することで年間2億6000万円のコストカットになるなどと説明しているが、どう考えてもデメリットの方がケタ違いに大きい。

 13日は、平均株価が7営業日ぶりに500円近く反発。1万7715円で引けたとはいえ、昨年の大納会(1万9033円)から1318円、7%も暴落だ。

 GPIFの運用資産額は、昨年9月末時点で約135兆円。国内株式はそのうち22%で、ざっと30兆円だから、単純計算で国民の年金資産が2.1兆円吹っ飛んだことになる。昨年6月の最高値2万952円からは4.5兆円だ。大手生保の運用担当者は、こう言って眉をひそめる。


「国内最大の機関投資家である日本生命ですら、国内株式の運用額は8.3兆円です。まさにケタ違いの30兆円、その半分としても15兆円を誰が直接運用するんだって話です。リスクが大きすぎます。まさかGPIFの運用責任者、水野弘道CIOら理事数人でやるわけではないでしょうし、投資のプロをかき集めるとなれば、その人件費だけで2億6000万円のコストカット分が消えるでしょう。そもそも億単位のコスト削減のために国民が兆単位のリスクを背負わされるなんて、バカげていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る