新党名は「民進党」 野党“現実路線”に安倍首相ストレス増大

公開日: 更新日:

 民維新党の名称が決まった。「民進党」だ。略称「民主」にこだわっていた民主党内はガックリしているが、両党がそれぞれ行った世論調査で、いずれも「民進党」が「立憲民主党」を上回った。無党派でも、民主支持層に限っても「民進党」が多かったというから、いかに“民主”のイメージが悪かったかということだ。

「最終的に岡田代表が『維新の党の一体化』を優先して決断したということでしょう。野党の受け皿作りで、ようやく民主党も現実路線に一歩前進した。安倍政権へのダメージになりますよ」(政治評論家・野上忠興氏)

 14日は安倍政権へのダメージとなるニュースがもうひとつあった。来月の京都3区補選で、共産党が独自候補を擁立せず、自主投票を決めたのだ。

 もともと京都は共産党が強い地域。比例復活の現職が補選に出馬する民主は、京都府連が「共産党とは共闘しない」方針を早々と打ち出していたため、民主VS共産の戦いになる可能性があった。すでに不戦敗を決めている安倍官邸は「そうなれば野党連携にヒビが入る」とほくそ笑んでいたが、共産党は民主の足を引っ張ることはせず、“大人の対応”で落ち着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る