セブン&アイ鈴木会長を熟知…勝見明氏が語る“引退の真相”

公開日:  更新日:

 カリスマの引退はあまりにも突然だった。セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(83)は、自身の提案したセブン―イレブン・ジャパンの社長人事が取締役会で否決されたことから、身を引く覚悟を固めた。鈴木会長を何度となく取材し、鈴木会長の近著「働く力を君に」(講談社)で構成を担当したジャーナリスト・勝見明氏は、今回の騒動をどう見ているか。

■井坂社長をおとしめるつもりはなかった

――鈴木会長に関する著作が多く、「私以上に私を知っている」と鈴木会長に言われたほど親交が深いと聞いています。鈴木会長が引退を表明した今月7日の会見では、クビを切ろうとしたセブン―イレブンの井阪隆一社長(58)を批判する発言も、鈴木会長の口から飛び出しました。どんな印象を持っていますか。

 鈴木会長としては、井阪社長をおとしめるつもりは全くなかったでしょう。頭に浮かんだことを、そのまま話したに過ぎないと思います。そういう人なのです。鈴木会長は、井阪社長との経緯をすべてしゃべった。マスコミは驚いたようですが、鈴木会長が話した内容はマスコミが知りたかったことです。井阪社長から見た光景とは違うでしょうが、少なくとも鈴木会長から見た光景は全てしゃべったのだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る