セブン&アイ鈴木会長を熟知…勝見明氏が語る“引退の真相”

公開日:  更新日:

 カリスマの引退はあまりにも突然だった。セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(83)は、自身の提案したセブン―イレブン・ジャパンの社長人事が取締役会で否決されたことから、身を引く覚悟を固めた。鈴木会長を何度となく取材し、鈴木会長の近著「働く力を君に」(講談社)で構成を担当したジャーナリスト・勝見明氏は、今回の騒動をどう見ているか。

■井坂社長をおとしめるつもりはなかった

――鈴木会長に関する著作が多く、「私以上に私を知っている」と鈴木会長に言われたほど親交が深いと聞いています。鈴木会長が引退を表明した今月7日の会見では、クビを切ろうとしたセブン―イレブンの井阪隆一社長(58)を批判する発言も、鈴木会長の口から飛び出しました。どんな印象を持っていますか。

 鈴木会長としては、井阪社長をおとしめるつもりは全くなかったでしょう。頭に浮かんだことを、そのまま話したに過ぎないと思います。そういう人なのです。鈴木会長は、井阪社長との経緯をすべてしゃべった。マスコミは驚いたようですが、鈴木会長が話した内容はマスコミが知りたかったことです。井阪社長から見た光景とは違うでしょうが、少なくとも鈴木会長から見た光景は全てしゃべったのだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る