元北朝鮮工作員「拉致被害者は必ず生きている」と語った理由

公開日: 更新日:

 北朝鮮の元工作員の金東植氏(50)と、脱北者で元朝鮮日報記者の姜哲煥氏(47)が15日、外国特派員協会で会見。語られた内容は驚愕の“事実”だ。

 工作員として15年のキャリアを持つ金氏は、「日本人拉致被害者は生きている」と断言し、その理由をこう話した。

「これまで北朝鮮当局は、79年に市川修一さん(当時25)が海水浴場で溺死したと日本政府に説明してきたが、その海水浴場はしっかりと監視されていた。その上、遠浅で穏やかな海だから、成人男性が溺れるとはとても思えない。また、88年には石岡亨さん、有本恵子さんと2人の娘が練炭事故で死亡したとの発表があった。しかし、当時は電気暖房が普及しており、練炭で暖をとる人はいなかった。死亡原因があまりにも不自然だ」

 金氏は81年に工作員に選抜されてから徹底的に韓国人化教育を施された。武術、射撃に加え、数百曲もの「Kポップ」を聴き、ダンスまで習得。韓国語も北朝鮮なまりが一切ないという。90年に半年間、韓国に潜入し、スパイ活動に従事。95年には2度目の潜入を果たした。しかし、韓国当局に逮捕され、何年も尋問を受けた後、韓国の安保機関に加わった。現在も北朝鮮からの脅迫を受けているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る