• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元北朝鮮工作員「拉致被害者は必ず生きている」と語った理由

 北朝鮮の元工作員の金東植氏(50)と、脱北者で元朝鮮日報記者の姜哲煥氏(47)が15日、外国特派員協会で会見。語られた内容は驚愕の“事実”だ。

 工作員として15年のキャリアを持つ金氏は、「日本人拉致被害者は生きている」と断言し、その理由をこう話した。

「これまで北朝鮮当局は、79年に市川修一さん(当時25)が海水浴場で溺死したと日本政府に説明してきたが、その海水浴場はしっかりと監視されていた。その上、遠浅で穏やかな海だから、成人男性が溺れるとはとても思えない。また、88年には石岡亨さん、有本恵子さんと2人の娘が練炭事故で死亡したとの発表があった。しかし、当時は電気暖房が普及しており、練炭で暖をとる人はいなかった。死亡原因があまりにも不自然だ」

 金氏は81年に工作員に選抜されてから徹底的に韓国人化教育を施された。武術、射撃に加え、数百曲もの「Kポップ」を聴き、ダンスまで習得。韓国語も北朝鮮なまりが一切ないという。90年に半年間、韓国に潜入し、スパイ活動に従事。95年には2度目の潜入を果たした。しかし、韓国当局に逮捕され、何年も尋問を受けた後、韓国の安保機関に加わった。現在も北朝鮮からの脅迫を受けているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る