• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

英EU離脱めぐり…日本の金融界が想定する“緊急事態”とは

 日本の銀行や証券会社は、23日に迫ったEU離脱の是非を問う英国民投票の結果を注視している。ロンドン中心部にある国際金融街シティーには、日本から多くの銀行や証券会社が進出。英国の離脱が決まれば、欧州事業や金融市場の混乱などが予想されるため、緊急事態を想定した準備を進めている。

 英国で認可を受けた金融機関は、EU域内の他国でも営業可能な「単一パスポート制度」を利用し、欧州各国で支店設置や顧客取引を行っている。英国の離脱が決まった場合、欧州ビジネスへの影響を回避するため、他国で認可を受け直す必要に迫られる可能性がある。

 三井住友銀行は2003年にロンドンに現地法人を設立し、欧州の統括拠点としている。現地法人は単一パスポート制度に基づき、アムステルダムなどEU域内に6カ所の支店を構えている。

 三井住友銀の国部毅頭取は、離脱になれば、他国で単一パスポート制度を利用する権利を取り直すことも「ひとつの考え方だ」と説明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

もっと見る