徹底シミュレーション “改憲勢力3分の2”阻止の防衛ライン

公開日:  更新日:

 ついに火ぶたが切って落とされた。今度の参院選は、憲法改正の国会発議に必要な3分の2の議席をめぐる攻防が最大の焦点となる。世論の5割以上は「安倍首相の下での憲法改正」に反対だが、安倍首相の“悲願”を打ち砕くには、改憲勢力3分の2以上の確保を阻止する「防衛ライン」をキチンと理解しておく必要がある。

■橋頭堡は埼玉・大阪・兵庫

 参院の非改選121議席のうち、自公両党の議席数は76(自65、公11)で、今度の選挙で86議席を確保しなければ3分の2に届かない。両党が連立を組んで以降、参院選の最多獲得議席は01年の77議席。ハッキリ言って飛び越えるのは不可能なハードルである。

 そこで安倍首相が秋波を送るのは、改憲に前向きなおおさか維新の会や、日本のこころを大切にする党だ。おおさか維新の非改選議席は5、こころは3と意外に多く、今度の選挙で4党が計78議席を獲得すれば国会発議の条件は整う。改憲に向けたハードルはがぜん、下がってしまうが、改憲勢力の78議席は現在の選挙情勢で、どれだけリアリティーのある数字なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る